健康保険組合について

健康保険組合の概要について

健康保険組合は、厚生労働大臣の認可を受けた特殊法人で、健康保険法に定める医療給付や保険事業などを国に代わって行う団体です。
健康保険組合は一定以上の規模を持つ企業や同種同業の業界団体などを母体として設立されます。
企業が単独で設立したものを単一型組合、同業者が共同で設立したものを総合型組合といいます。
いずれも国の監督を受けますが、具体的な事業運営は事業主及び従業員のそれぞれの代表から構成される執行機関である理事会及び議決機関である組合会に任されます。
具体的な事業としては、国が直接行うものと同等の内容を持つ法定給付と、組合の方針や財政状態に応じて独自に行われる付加給付とがあります。
また付随的な事業として病院や保養施設などの運営も行うことができるようになっています。

Copyright(c) 健康保険組合 All Rights Reserved.