健康保険組合について

健康保険組合について。

「健康保険組合」とは、700人以上の被保険者がいる事業所において、健康保険法に基づき、国に代わって健康保険事業を行なう公法人のことです。
日本全国におよそ1500程の健康保険組合があると言われています。
この健康保険組合は、従業員やその家族の福利厚生などを充実させる為に設立されるものです。
その目的は、日頃の健康促進・健康維持や、病気や怪我、または死亡などの急な出費などに備えることで、会社と従業員が保険料を出し合うことで運営されます。
保険料は、収入に応じた金額となります。
健康保険組合は、法律に定められている範囲内で、付加給付や保険料率などを独自で決定することができます。
また、一定の規模のなかで運営されるものなので、従業員や職場の状態に沿った運営が出来る利点があります。

Copyright(c) 健康保険組合 All Rights Reserved.