健康保険組合について

健康保険組合について

健康保険組合とは、ある特定の業種の者や団体で組合を作り、まとまって保険に加入する制度のことを言います。
健康保険組合はさまざまなものがあり、弁護士、アーティスト、IT関係、文芸美術など同業種であることを条件にしているものや住んでいる地域、同一業種の企業同士、単一企業の組合などがあります。
日本には現在1500弱の組合保険が存在しています。
組合を作る条件は、単一型、総合型、地域型で違ってきます。
国民健康保険に加入する場合、年収によって保険料が変わってきますが、組合保険の場合一律定額のところもあります。
そのためフリーランスや自営業者は、国民健康保険に加入するより、組合保険に加入したほうが保険料を節約できるケースがあります。

Copyright(c) 健康保険組合 All Rights Reserved.