健康保険組合について

健康保険組合の設立について

健康保険の保険者は、全国健康保険協会と健康保険組合です。
全国健康保険協会が管掌する保険は協会管掌健康保険と呼ばれ、主に中小企業を対象としています。
それに対して、健康保険組合が管掌する保険は組合管掌健康保険と呼ばれ、主に大企業を対象としています。
以下では、この健康保険組合の設立について述べます。
組合には単一組合と総合組合があります。
単一組合は、1又は2以上の適用事業所について常時700人以上の被保険者を使用する事業主が申請します。
総合組合は、合算して常時3000人以上の被保険者を使用する2以上の事業主が申請します。
事業主は、使用する被保険者の2分の1以上の同意を得て規約を作成します。
そして厚生労働大臣の認可を受けると設立します。

Copyright(c) 健康保険組合 All Rights Reserved.